【元野球選手】イケメン鳥谷敬の嫁は元マネージャー?子供は何人?

選手

【元野球選手】イケメン鳥谷敬の嫁は元マネージャー?子供は何人?

2023年10月よりTBSの日曜劇場の枠で放送されているドラマ「下剋上球児」にも俳優として出演しており、話題を呼んでいる元プロ野球選手の鳥谷敬さん。阪神やロッテのショートとして活躍していた現役時代から解説員やテレビタレントとして活躍している現在までその整った顔立ちから人気が高い選手の一人です。

今回はその鳥谷敬さんについて、元マネージャーといわれている奥さんやお子さんなど家族構成に迫っていきたいと思います。

鳥谷敬さんについて

鳥谷敬さんのプロフィールを簡単に紹介していきます。

  • 氏名:鳥谷敬(とりたにたかし)
  • 出身地:東京都東村山市
  • 生年月日:1981年6月26日(2024年現在43歳)
  • 身長:180cm
  • 職業:元野球選手/野球解説者/野球評論家/タレント

プロ野球選手時代

続いて、鳥谷敬選手のこれまでの経歴についてみていきたいと思います。

鳥谷敬は2003年のドラフト会議で阪神タイガースから指名を受けて入団しました。入団後は1年目から一軍の試合に出場し阪神のショートのポジション争いに入っていきました。2年目からはポジション争いをしていた選手のコンバートもあり、ショートの一番手として試合に出場し活躍をつづけました。

2年目ながら日本シリーズにも出場を果たし、シーズン終了後は一般女性との結婚を発表しました。

2年目以降はほとんどのシーズンで全試合出場を果たし、その中で打率も3割を超えるなどチームの核として選手からもファンからも愛されていました。

2013年にはWBC日本代表にも選出され、経験のほとんどないセカンドやサードといったショート以外のポジションも守るなど活躍をみせていました。その中でも野球ファンの記憶に残っているのは、2次ラウンドのチャイニーズタイペイ戦で1点ビハインド・9回2アウトの場面で見せた盗塁です。その盗塁があったために直後の選手のヒットで同点に追いつき、延長の末逆転し日本の勝利を呼び込みました。

その後も阪神タイガースの中心選手として多大なる活躍を見せるも、体の衰えやチーム状況なども重なり、2019年に阪神タイガースより戦力外通告を受けて退団しました。これには阪神タイガースのファンもかなり悲しがっていました。

その後は千葉ロッテマリーンズが鳥谷敬を獲得し、チームにあまりいなかったベテラン選手として若手選手への献身的な姿勢がロッテのファンからも愛されていたように思えます。そして2021年10月末に同シーズン限りでの現役引退を発表しました。

現役引退後

現役引退後は社会人のパナソニック野球部でコーチを務めながら解説員や評論家として野球に携わっています。ほかにも、2023年10月から放送開始されているドラマ「下剋上球児」に、草野球チームの投手役で出演しており、俳優デビューを果たしました。

鳥谷敬の結婚相手(嫁)は元マネージャー!

続いて、鳥谷敬のお嫁さんや子供について迫っていきたいと思います。

鳥谷敬の家族構成は奥さんと5人のお子さんで成り立っています。前述のように、鳥谷敬 嫁は2年目のシーズンに結婚しました。お相手は一般女性で、鳥谷敬の高校(埼玉県の聖望学園高校)の1学年先輩であり野球部のマネージャーだった方です。鳥谷敬のお嫁さんとは高校生の時に交際を始めて大学入学後に一度別れましたが、その後大学在学中に再度交際をスタートさせたと鳥谷自身が語っています。高校の野球部時代に出会ってから7年の交際を経て結婚しているというのは素敵ですね!

鳥谷敬の子供は5人!

また、お子さんは5人いるようで、長男は関西学院初等部に通っていたといわれています。その学校の運動会の保護者リレーで鳥谷敬が他のお父さんたちをごぼう抜きしていたのが確認されており、野球中継でも何度か紹介されて話題になっていたためです。何事も手を抜かずに取り組む姿は見ている人たちの目にはとてもかっこよく映ったのではないでしょうか。

2006年には今紹介した長男、2008年に次男、2010年に長女を授かっているようですが、第4子と第5子の性別等の詳細は不明のようです。

最後に

今回は元阪神タイガースや千葉ロッテマリーンズで活躍した鳥谷敬について現在までの経歴や鳥谷敬 嫁や子供など、家族構成についてみていきました。ドラマ「下剋上球児」にも出演したの鳥谷敬さんの今後の活躍にも目が離せませんね!

田中将大の年棒推移は?年棒の減額はなぜ?メジャー時代との違いを調査
田中将大の年棒推移は?年棒の減額はなぜ?メジャー時代との違いを調査

今年3月に、大盛況で開幕を迎えた日本プロ野球。現在は交流戦を終え、またチームの優勝に向けて各リーグで熱い戦いが繰り広げられています。 特に今シーズンは各チームの投手力が高く、エースと呼ばれる各球団の存 ...

続きを見る

-選手